株式会社光版技研 HOME > スクリーン印刷とは

スクリーン印刷とは

スクリーン印刷とは、孔版印刷の一種で
版に絹(現在は、テトロン、ナイロン等の化学繊維)のスクリーンを利用するものです。
現在では、単にスクリーン印刷といわれることが多いようです。

スクリーン印刷とは、版にインクを付けて印刷するのではなく、
版自体に穴をあけそこからインクを擦りつける印刷方式です。

ほかの印刷と比較をして、インクの皮膜が厚く退色しにくい印刷方法のため、
屋外で使用をするアイテムへの印刷に適しています。

スクリーン印刷の特徴

いろいろな種類の材質に印刷できる
水と空気以外なら何にでも印刷できると言われるほど。紙以外の材質に印刷するときによく利用されます。
いろいろな形状、サイズの素材に
印刷できる
版が柔らかく、どんな形のものにも密着するので、サイズ、素材を問わず、ボトルなどの局面にも自在に印刷できます。
柔らかいものにも硬いものにも
印刷できる
版が柔らかいので、紙や布のような柔らかいものからガラス、金属などの硬いものにも印刷できます
壊れやすいものにも
印刷できる
印刷圧が低いので、例えばガラス製品やお菓子、食品などの壊れやすいものにも印刷できます
インキを厚膜に印刷できる
特殊な版を使用することで、インキを厚く盛ることができるので、凹凸のある点字の印刷もでます。
発色が鮮明で、隠蔽力に優れ、
耐候性も良い
インクを厚く盛ることができるので下地の影響を受けにくく(隠蔽力)、鮮明な発色や高い耐候性も実現できます。
いろいろな種類のインキが
使用できる
当社は創立以来、研究・開発を重ね、様々な材質に適したインキを製品化してきました。最近は機能性のインキも増えています。
版が安価
版を比較的安価に作れるため、少量印刷の際には、1枚あたりのコストを抑えることができ、有利です。
ハンドプリントが可能
唯一手刷りでできる印刷方式

スクリーン印刷の用途

工業

CD・CD-R・DVD
携帯電話
自動車メーター
AV機器
パソコン用キーボード
家電パネル
家電製品
自動販売機

商業・生活

ステッカー
パッケージ
点字印刷
ボトル